トライアーティストの竹内鉄平です。
11024763_618007098302869_5670201456880205540_n

僕は愛知県で「株式会社トライアーティスト」という会社を経営しています。
大学(1995~1999)卒業後、実業団トライアスリート時代(2000~2005)、フリーター・個人事業主(2005~2011)を経て、会社を起こして現在(2012~)に至ります。
職業はプロトライアスロンコーチ。トライアスロンスクール運営事業を柱に、トライアスロン大会、トレイルランレース等、スポーツイベントの企画・運営・コンサルタントもしています。
2児の父でもあります。

父の影響で始めたトライアスロン歴は30年以上になります。
いつからか、トライアスロンが手段でも目的でもない「何か」になりつつあります。
なぜなら、僕にとっての「生きる」ことの一部になっているからです。
仕事でありながら、遊びでもあるので、我慢したり、諦めたりすることはありません。
引退することもありません。生きてる間は「生涯現役トライアスリート」です。

以前は、多くの若いトライアスリートがそうであるように、トライアスロンで有名になりたい、勝ちたい、認められたい…という気持ちが原動力でした。
もちろん、そういった気持が全く無くなったわけではありません。
だってにんげんだもの...。

しかし、今の自分を突き動かしている根本のモチベーションは違います。
自分の心身の無限の可能性を追求すること。
トライアスロンを通じて自己表現すること。
それにより社会に良い影響を与えること。
結果として、人々が健康で充実した生活を送れる手助けをすること。
言葉で表現すると陳腐に聞こえますが、恐らくはそんな気持ちだと思います。

DSC_0987
 高校時代の水泳部の顧問の先生とOWSレース会場で再会!

DSC_1007
 小中学校の同級生の竹澤君と25年ぶりに再開!自分の実家の直ぐそば(知多市岡田)で治療院を開院!

僕は来年40歳になります。
昔は歳を取ることに恐怖を感じていました。
競技者としての自分が衰えていくこと=「死に近づいていくこと」が怖かったからです。

でも今は逆にワクワクしています。
自分への挑戦はいくつになっても可能であるということに気づいたからです。
40歳の自分への挑戦、50歳の自分への挑戦...まだまだ未知の世界ですが、きっとそこには「気づき」と「成長」があるはずです。本当に面白いです。

その過程を、皆さんにもこのブログを通じて紹介していこうと思います。
それにより、自分の持っている知識や得られた気付きを共有し、困難なことに挑戦するためのちょっとばかりの勇気を与えられることができるのならば幸いです。

あと最近、恩師や旧友に再開する機会が増えてきています。
また、まったく繋がりのなかった方とひょんなことから繋がることができたりと、やはり人の縁というのは不思議で素晴らしいものだなと再認識しています。
以前はホームページで日記を書いていましたが、最近はFacebookでの情報発信が中心となっていました。
ただ、僕を全く知らない方に僕のことを知ってもらうには、やはりブログを書くのが一番だよね、ということでブログを始めることにしました。
内容は、トライアスロンのこと、仕事のこと、プライベートのこと...自分の興味のあることや考えたこと、皆さんに知って欲しい人やモノについての日記的な?ものになるかと思います。

ブログを始めるにあたり、タイトルを何にしようか?と一寸考えました。
そこで降りてきたのが「樸(ぼく)」です。
「樸」は「素朴」の「朴」と同じです。
意味は、「ありのままで飾り気がない」こと。
自分の一人称の「ぼく」でもあります。

そんなわけで、これまでお世話になってきた方も、また新たな御縁を頂いた方も...
末永くよろしくお願いしますm(_ _)m

DSCN2045

今話題の「スラックライン」、体験させてもらいました。
面白いですね!早速購入決定!