愛知県美浜町では、1992年から2007年まで、「にっぽん音吉トライアスロン」というローカルなトライアスロン大会が開催されていました。地元ではとても人気のある大会でした。トライアスロンを本格的に競技として取り組み始めた1996年(大学2年生)の時に、第6回大会に出場、トライアスロンの大会で初めて優勝することができた思い出深い大会です。今でもその時ことは鮮明に覚えています。

僕は中学・高校と水泳を専門としていましたが、もともと小さい頃から運動に苦手意識があり(徒競走ドベ、球技まったくダメ)、唯一3歳から続けていた水泳でも、知多地方大会では勝てても、愛知県大会では予選落ち。優勝などはまさに夢のまた夢の世界でした。そんな自分が、まさか優勝できるとは...!その時の成功体験により、トライアスロンという競技に自分の適性を見出し、夢中になり、トライアスロンのプロへの道を歩むことになります。ホント単純(バカ)ですね(;´∀`)

1996nagaragawa
 残念ながら、音吉大会の写真はなかったので、同じ年の長良川大会の写真を。


その後、オリンピック出場を目指し、ワールドカップ等のエリートレースを主戦場とすることになったため、音吉大会にはしばらくは出場していませんでしが、実業団を辞めた後、2004年(2位)、2005年(優勝)、2006年(3位)と出場しています。残念ながら、2007年大会が台風で中止となり、その翌年の2008年より大会は打ち切りとなってしまいます。

さて、先日そんな縁のある美浜町に、何やら自然農法のエンターテイメント系教育ファーム?を経営されてる農家の方がみえると聞き、トライアスロン仲間の丹内くんに連れていってもらいました。

美浜インターからほど近く、細い農道を入っていくと長閑な田んぼに囲まれた建物が!

12241194_739435476190137_2143293352632684920_n


6a2885014b7936c6c6c64129f9aeab00
 写真、イラストは、「季の野の台所」さんのブログより。


そうここが教育ファーム「季の野の台所」です。
なんかその辺に、ヤギやらロバやらウサギやらがいます。
この時点で、すでにやられて(癒やされて)しまいました(*´ω`*)
d500b871c303f90bd0b6760202a95051

5a6543bd601458c87f2882efeb64e231

 ちょうどお昼どき。
 僕がお腹を空かせていたのを察したのか、挨拶もそこそこに女将のミホさんが食事の準備をしてくれました。
 
 ご飯をついて五平餅を作ります。

 12046984_1004770792922632_3756541452369742200_n

 割った竹に適当についたご飯をくっつけます。
 12049483_1004770812922630_8579019547922623741_n

 ご飯が乾く程度に炭火で温めます。
 12049124_1004770842922627_7207569109875453169_n

 手作りの味噌を塗ります。
 12111964_1004770872922624_1604644581428497034_n

 もう一度炭火で軽く炙ってできあがりです。
 12049523_1004770892922622_8591724867218487247_n

 初めてにしては、うまくできた...かな?

 お味のほうは............う...うまい!!
 無農薬・無化学肥料栽培の素朴な味、やはり手をかけて丹精込めて作られたものは格別ですね。

 そのあと、いろいろお話させていただき、周りにあるもの(自然✕人)を紹介してもらいました。
 いやー、ここ面白い!

DSCN2053
 知多半島一の激坂「花ちゃん坂」

DSCN2058
 上から見るとこんな感じ。。斜度50%以上あります。

12247191_739443196189365_2231187919828314475_n
 江戸時代、黒船来襲の際、狼煙を上げた場所にある炭焼き小屋。大きな炭焼き釜があります。

DSCN2050
 制作期間15年、外国から来た夫婦陶芸家が、地域のボランティアと作る巨大な陶­器作品「山の広場」


12249879_739443139522704_8177508026263492750_n
 山の広場のそばにある井戸水。めっちゃ鉄分豊富!ミネラメイトと同じ味がする。


 やはり自然の中に身を置くことでしか得られないもの(感覚)があります。
 自分はもともと自然が大好きな人間ですが、やはり日常生活の中で自分が自然の一部であることを忘れてしまうこともあります。自然の優しさ、厳しさ、そういったものを学ぶ機会を持つことは、子供はもちろん、大人にとっても大事なことではないでしょうか?

季の野の台所さんのブログ
季節の野原で葉っぱの音を・・・

 今度、季の野の台所のミホさん、そしてトライアスロン仲間の丹内くんが中心となって、美浜町の穴場的な自然資源や人的資源を活用し、オレンジラインやその周辺の小道を整備しながら走る「音吉を愛する走る仲間の会」を立ち上げることになりました。

音吉を愛する走る仲間の会FBページ

otokiti_run_image01


 この会は、「走る」ことで、健康寿命を伸ばすことだけなく、地域の良さや自然環境を再発見し、人と人とを繋げて地域を元気にすることを目的としています。
 スポーツの素晴らしさ、本質的な魅力は「競う」ことだけではありません。タイムや順位を追い続けることは素晴らしいことですが、それだけではいつかは疲れ果てて嫌になってしまいます。
 「自然とともに生きる」ことを「学ぶ」ことも、スポーツを通じて得られる貴重な経験です。このような経験は真摯に競技に取り組んでる「アスリート」にこそ必要な体験かもしれません。そんなことを教えてくれます。
 僕もその趣旨に賛同し、協力・参加させてもらうことになりました。


早速ですが、12/6(日)には以下のイベント企画しました。
穴場マラニックコースをたどるラン&ウォークIn音吉の故郷
 ~美浜町民と町外の歩く・走る愛好家集まれ!~


 美浜町布土地区の里山の美しい自然を走り&歩きながら、知る人ぞ知る美浜町の穴場パワースポット(世間遺産)を地元ナビーゲーターがご案内します。
 そしてお昼はお楽しみ!体験型教育ファーム「季の野の台所」さんにて、地元知多半島で収穫した野菜や魚をみんなで簡単に調理し炭火でやきながら一緒いただきます。
 小学生以上の健康な方であれば、どなたでも参加可能ですので、その自然の癒やしパワーを体験していただきたいと思います。
 ぜひご家族ご友人お誘い合わせの上、ご参加お待ちしています(^o^)/