「美浜町の穴場マラニックコースを巡るラン&ウォークin音吉の故郷」(音吉を愛する走る仲間の会主催)参加レポートの続きです。

 その①はこちら

 激坂「花ちゃん坂」をクリアし、いよいよ本命の「オレンジライン」に入ります。
「オレンジライン」とは名鉄河和口駅と名鉄知多奥田駅を結ぶ全長11.1kmのハイキングコースです。
今回走るのはその半分の約6kmですが、山あり谷あり、紅葉が見事な素晴らしいトレイルです。

オレンジラインのマップはこちら

15otokiti_019


 緑のトンネルを進みます。
15otokiti_020

 ところどころ開けたポイントがあります。
15otokiti_021

 見晴台。海が見えます。
15otokiti_022

 みんな思い思いのペースでラン&ウォーク。
15otokiti_028

 そして、オレンジラインを一旦外れると、森の中から突如現れた巨大構造物!?
 陶芸家、スティーブン&ヒメナの作品「山の広場」です。
15otokiti_023

 6トンもの土を使い、周りを窯で囲って焼いた世界最大級の陶製の野外音響板です。
 地元のボランティアの方たちと、作り始めて15年経ちましたが、未だ未完成!
 (当初は2年で作る予定であったそうです)

 来年完成を予定しているそうで、ステージを作って野外音楽劇場として多くの人に利用してもらうそうです。
 マラニック当日は、地元の音楽家によるアコーディオンの演奏に癒やされました(*´ω`*)モキュ
 とても温かい「氣」を感じるパワースポットです。
 
15otokiti_026


 山の広場を後にして、オレンジラインを更に先へと進みます。
15otokiti_031

 マニア垂涎?の海抜81.5mの鍋山一等三角点。
15otokiti_030

 ここが一番綺麗!紅葉のグラデーションが幻想的!
15otokiti_024

 まさに「オレンジライン」の名に相応しい美しい紅葉を魅せてくれました。
15otokiti_025

 看板にも遊びゴコロが。川鵜があしらわれています。
 美浜町にある川鵜の繁殖地(コロニー)、「鵜ノ池」は天然記念物に指定されています。
15otokiti_029

 そろそろお腹が空いてきたぞ…。
 お昼の休憩ポイント「季の野の台所」まであと少し!
15otokiti_027

お楽しみのお昼ごはんは、その③へ続く...