「志摩市の隣の南伊勢町で、海と山を生かしたスポーツイベントができないですか?」
「トレイルランとカヌーを絡めて何かできないですかね?」

今年の5月中旬、(一社)志摩スポーツコミッション(SSC)の事務局長石本さんより、連絡が入った。
SSCとは3年前から伊勢志摩・里海トライアスロンでタッグを組んで大会運営をしている仲だ。
 
「カヌー」は専門外だが、「トレイルラン」の方は5年前から大会運営をしている。
 南伊勢町はトライアスロンでも関わりがあり、やはりなんといっても海が綺麗。
バイクコースを作るのは難しいが、 スイム+ランのアクアスロン大会ならば、おそらく可能だろう。
 以前、弊社主催のアクアスロン大会でスイム+トレイルランの「フォレスタスロン」というレースを開催していた。
その時はプールでのスイムだったので距離も短かったが、本格的なオープンウォータースイムとトレイルランを組み合わせたならば、かなり面白いレースができそうだ。 

 開催まで2か月と迫った志摩トラの準備も忙しくなってきている時期だが、来年以降の開催であろうし、とりあえず企画書を作成して投げておいた。

 ↓ 企画書より一部抜粋

2016_acquacross_pre_01

2016_acquacross_pre_03

2016_acquacross_pre_04

2016_acquacross_pre_02


すると、数日後、石本さんから連絡があった。

「竹内さん、決まりました!10月開催です!」
 「ええ(;゚Д゚)!?10月!?ということはあと5か月しかないですよ?」

話によると、今年中に南伊勢町主催で港湾を利用したスポーツイベントを開催しなくてはいけない大人の事情?があるらしく、すぐに町が話に乗っかってきたそうだ。

10月開催ということは、大会直前の準備に1か月+募集期間2か月+告知期間1か月=最短4か月と考えると、6月中旬には内容(大会概要・コース・競技規則等)を確定しておかなくてはいけない。
まだ現地も見ていない状況で果たして間に合うのか…(;´∀`)?

今年は年間エイジランキングを狙うため、毎週末自分自身のレースを入れていた...。
6月の東海ブロック選手権は日本選手権の出場権がかかっている。
もちろん7月にはレースディレクターを務める志摩トラ(800名参加)の運営がある。
それ以前に、トライアスロンに比べ集客が難しいアクアスロン(スイム+ラン)、果たして選手が集まるのか?

不安は山盛りだが、やると決まった以上、やるしかない。
できるできないではなく、やるかやらないか...だ。

続く...。